障害者支援施設 渓明園からまつ・障害者支援施設 渓明園あすなろ

渓明園からまつ・渓明園あすなろについて

中軽度の障害を持った方を主に対象とする「渓明園からまつ」と重度の方を対象とする「渓明園あすなろ」の2つの施設があります。日中は生産活動や、体力づくり、健康維持・増進を目的とした活動など、その能力に合わせた支援を行っています。

事業所特色・特徴

事業所特色・特徴

施設は自然が豊かな土地にあり、季節を大いに感じ、楽しみ、そして利用しています。自家菜園での野菜作り、たけのこ掘り等、利用者の日中の作業活動や体験活動に取り入れています。収穫した野菜、たけのこ等は加工食品へ、竹は植林用竹支柱へ加工し、販売も行っています。

活動状況

外でお食事会
外でお食事会
施設利用者の尊厳を大切にしたサービスをご提供
渓明園倫理綱領に基づき、施設利用者の尊厳を大切にしています。
倫理綱領は、

(1)個々の利用者の人権尊重
(2)地域社会や各機関との連携
(3)職員の専門性の向上

の3つより構成され、職員は利用者へのサービス提供のあり方を常に見つめ直しています。
リサイクル活動
リサイクル活動
地域との繋がり、交流を通して利用者をサポート
地域活動の一環として、地元社会福祉協議会と連携し、独居老人への訪問を行っています。とりわけ冬場に積もる雪は、老人にとって気掛かりの一つ。施設利用者と職員で行う除雪で通路を確保し、大変喜ばれています。
施設は利用者の支援に留まらず、地域との繋がり、交流も大切な役割となっています。