渓明会からのお知らせ

「グループワーク紹介」編

いろはでは、様々な実習の他に、就労に必要な基礎的な知識を学ぶ機会として「グループワーク」を行っています。「①職業適性、②基本的労働習慣、③対人技能、④日常生活の管理、⑤健康管理」の5つの分野を設定し、それをさらに細かい項目(現在は26項目)に分けて学習しています。

例えば、職業適性では「求人票の見方、履歴書の書き方」等の項目を、日常生活の管理では「身だしなみ、生活リズム」等の項目について学習します。

先日は、基本的労働習慣の一つとして「報・連・相の仕方」について、3回に分けて学習しました。職員の寸劇や利用者さんのロールプレイなども取り入れて、より実際に近い形で行いました。利用者さんからは「とっても緊張したけど、少し自信がついてきました」という感想がありました。