渓明会からのお知らせ

ノロウイルス対策研修会

感染症を予防するため、基本「手洗い」や食事の衛生管理を徹底しておりますが、それでも、感染症が発生する恐れがあります。そこで、からまつ事業所、あすなろ事業所では、看護師指導のもと、感染症の一種のノロウイルスのまん延を防ぐために「嘔吐物と排泄物の後始末研修会」を実施しました。

(写真①)

ノロウイルスが発生した場合、そのまん延を防ぐために、感染した人の嘔吐物や排泄物からの二次感染、ヒトからヒトへの直接感染、飛沫感染を予防しなければなりません。

1)床等に飛び散った嘔吐物や排泄物を処理するときは、使い捨てのエプロンとマスク、手袋、靴を覆う袋を着けます。

(写真②)

2)ウイルスが飛び散らないよう、嘔吐物、排泄物に新聞紙などかぶせます。その上に電解水(こちらをご覧ください)をかけ、広がらないように包みこむように拭き取ります。

(写真③④)

 

3)その後、電解水で水拭きをします。拭き取ったものは、電解水を入れたビニール袋に密閉して捨てます。

(写真⑤)

4)ノロウイルスは乾燥すると空中に飛び散って、口に入って感染することがあります。乾燥しないうちに床等に残らないよう速やかに処理します。ウイルスが屋外に出て行くよう注意しながら喚気を行うことも大切です。

 

ノロウイルスに限らず、感染症の予防の基本は「手洗い」です。 外出から帰った後やトイレの後は、手に細菌がついていることが多いのキレイにしなければなりません。特に、食事の前は身体の中に菌が入らないようしっかりと手を洗わければなりません。皆さんも、しっかり「手洗いを」して、健康で快適な冬を過ごしましょう!

厚労省 ノロウイルスに関するQ&A

12/14 午前6:30 天候:雪 気温:-3℃ 渓明園2Fから見える東の空 厚労省